2015年01月26日

猛威をふるうインフルエンザ

インフルエンザで、40度の熱を出し、休んでいた社長が、今日から店に出ました

部屋に隔離して、茶碗は熱湯消毒して、家族みんなに感染しない様に
細心の注意をはらったおかげで、その他全員無事です

でも、子供を含め、予防注射を受けていない者、全員が感染しないのに
なぜか予防注射も受けている、社長のみが感染するとは

インフルエンザの患者数は、今季これまでに800万人を突破している
インフルエンザには治療薬があり 直りも早いが

免疫をもっていない、新型インフルエンザ、
エボラ熱に対する治療薬の開発は遅れている
ひとたび感染が広がれば莫大な数になる
人類の細菌とウイルスとの戦いは永遠につづく


posted by カズ at 23:48| Comment(2) | ◆事務方kazu のつぶやき

2015年01月24日

軽自動車車検証デザイン変更

平成26年1月より順次、車検証の用紙デザインが変更になっています
ディラ―からFAXで、新規登録の車検証が送られてきました。
車が2台写っています。よーく目を凝らせばみえますが、全体に黒くて見づらいです。

コピーは問題なく写るのですが、
任意保険車両入替のために、お客さま加入の保険代理店へ送ったFAXが、
見ずらとの連絡を受けました。今回は保険代理店まで持参してきました
107.jpg

不正防止のため工夫を凝らしたデザインになっていますが
仕事をしていくうえでは、ちょつと不便です



posted by カズ at 22:56| Comment(0) | ◆ 会社のこと

2015年01月18日

新春一番の納車です

年末、ご予約頂いていた、ム―ブカスタムとタント入庫致しました。

スローガン「もっと軽にできること」
12月12日、フルモデルチェンジした「ム―ブ」
基本性能の進化・前進だけでなく、後方に障害物を検知すると、
アクセルを踏んでもバック、急発進ができないなどの安定性能の強化・
ガソリン1Lあたり31キロ走行燃費の環境性能の特化
かってない、完成度を追求
058.jpg

きれいなディ―プブルークリスタルマイカ
迫力感と上質感のある、スタイルを極めた美しさ。
その品質の高さが評価につながり、好調な滑り出しとなっている

平成14年度、国内でもっとも売れた新車は、ダイハツ「タント」
室内は広く、燃費性が良く、税金、維持費が安くて、軽の人気は高い
昨年1年間では、23万5千台を全国で販売した。
056.jpg

新車全体で見ても、軽自動車販売は、2年連続、過去最高を更新し
その割合は、車全体の4割を占め、その増加は、女性の社会進出が大きく関係している
これからも、環境を考えた、軽自動車の人気は衰えることはないでしょう








posted by カズ at 00:07| Comment(2) | ◆ 自動車全般

2015年01月13日

信念をもつて生きる技術者に感動

昨夜のNHK番組,プロフェッショナル 仕事の流儀
「自動車エンジン開発」35年にわたって、エンジン開発に
心血を注いできた、マツダ自動車技術者のものがたり
同じ自動車業界に生きる者として、興味深く、感動をもってみました

マツダは 大手メーカーのトヨタ、二ッサン、ホンダなどが開発を進めている、
ハイブリット車、電気自動車、水素使用車などの開発には
資本力、従業員数からして対抗できない、小さな自動車メーカーである

しかし、マツダは、4年前にはハイブリト車並の
リッタ―30キロの低燃費エンジンを実現させ、世界を驚かせた。

小さな自動車メーカーが、厳しい自動車業界で生き残れるのは「危機感」をもち
あえて「究極」と言われるエンジン開発を目指し継続していく姿勢が大切だという

現在マツダはさらに燃費効率30%アップを目標として
さらなる新世代エンジン開発に取り組んでいる。
この開発発表も、そう遠くない時期にあるのではないかと期待している

マツダは、今まで二流の車と言うイメージが強かった
この番組をみて、ひたむきに「既存のエンジン」を「究極のエンジン」へと
開発に取り組むエンジニアの姿を通し、先入観でしかみていなかった、
マツダ車をもっと見直さなければと思う。

このマツダの思いは、弊社にもいえる。ディラ―やチェ―ン店には
資本力や従業員数では劣る。
しかし小さいから、車両価格、車検 技術面 サービス面で劣ることはない
地域を大切に、大きな信頼関係でなりたっている、
地元の企業だからこそ、できることはたくさんある。
いかにお客さまに、満足できるサービスを提供できるか
「究極」を目指し続け、愛される工場として努力していきたい


posted by カズ at 23:28| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき

2015年01月05日

躍動 今年もよろしくお願いいたします

お健やかに新春を、お迎えのこととお慶び申し上げます
皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます

本年も社員一同、皆さまに愛され、ご満足いただける店作りを目指し、
努力してまいります。
よろしくお願い致します

今冬は、暖冬で雪は少ないという予報に反し、
大晦日から降りだした雪、雪、雪 いつ止むともわからない、
銀世界のなかで新年を迎えました。
013.jpg


015.jpg

   「工場前の県道 融雪装置で水が出ているが道幅は狭い」

予期せぬ天候で、雪かきにおわれ外出もままならない
人出を予測していた初詣、福袋商戦は大きな痛手を受けた
自然は思わぬところで、思わぬことが起きる

 昨年、庶民を代弁する言葉に出会った
 俳優 故高倉健のファンへのメッセージから
「皆、しんどいところで我慢してやっている。人は負けることがある。
それでも負けないぞとやっていれば、いい人に出会える
その出会いを信じて、頑張るしかないんじゃないでしょうか」
人の心を大切にした人であり、
切なさを抱えて生きる人の思いを、演じた人である
その言葉には胸を指す、重みがある

人との出会いは、その人の人生を、根底から大きく変えることがある
今年も、会社の一員として、精一杯、みんなの役にたてる様に、努力していきます
良き人との出会いを大切に、輝いて生きていきます











posted by カズ at 00:03| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき