2015年02月02日

好きこそものの上手なれ

県かきぞめ競書大会で、小学2年生の外孫が硬筆の部で
推薦に入りました。うれしい知らせです
孫は、親の押し付けで習い始めたのではなく、
自分がやりたいといって始めた習字、好きなこと
は伸びるというが、これからもがんばれ、がんばれです

最近は、仕事関係の書類や通知は100%パソコンの
ワードを使い送られ、文字文化はますます遠くなっていく

そんな中で、友人から送られてくる
手紙はいつも、自筆のていねいな文章で、
送り主の心が伝わり、ホットさせてくれる。
私も、真似して文章を書き始めても、へたくそな字で、
や―めたと、やはりパソコン派
ともちゃん、大人になって、字が上手に書けることは、
とってもいいことだよ。ばあちゃんはけなるいです。

posted by カズ at 22:55| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき