2016年06月10日

前壽則氏の大作がこんな所に

ショツピングセンター、越前市楽市
改装なった、エントランスホ―ルに、飾られている
現在の作風と違い、外国の街角が描かれている初期の作品
カーテンのひだ、ポスター、レンガの1枚1枚から繊細さが
伝わってくる。身近な手の届くところにあるだけに
迫力感を感じ、見る者にとってうれしいが
無防備な展示に心配でもある
093.jpg

094.jpg

095.jpg

099.jpg





posted by カズ at 21:31| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき

2016年06月09日

自分を見つめる「原始の森を歩きませんか」

我々の心の最深奥に潜む「原始の森をゆく」と題し
音と絵画による感性空間ツアーの案内パンフレットが
ア―テスト前寿則氏より送付されてきました。
2016年6月25日(土)26日(日)
会場金津創作の森 ア―トコア・ミュ―ジアムー1
028.jpg

彼の油絵を好む社長のお気に入り、家族を連想するサクランボの絵が
お客さま待合室に飾られています
016.jpg

019.jpg


受付後方には秋に赤い実をつけるヒヨドリジョウゴの作品が飾られている。
日本の伝統的素材である、金箔、銀箔、和紙を貼り、その上に
西洋の画材である油絵具で、侘び、寂びの幽玄の世界をかもちだしいる。
037.jpg


「人生とは何か、人間いかに生きるべきか」を問いつづけ
人間の生きざまを表現している作品が多い
静けさのなかに輝きつづける草花、それは老いて
いく人間の人生と重なる。
029.jpg

繊細な絵を描かれるが、普段お話をしているとユーモアがあり暖かいお人柄が伝わってくる
草花も人生もやがて終わりを迎える、枯れゆくなかにあっても
そのなかにも光輝くものがある、それは老齢期を迎える生き方を
教えてくれているようである。、












posted by カズ at 22:24| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき

2016年06月07日

高圧温水洗浄機購入

35年ぶりに、スチ―ム洗浄機新調しました
今回廃棄処分となった、ニッサルコの洗浄機、何万台もの車を洗い
故障もなく、ホントによく働き続けました。御苦労さま。

3代目洗浄機 環境に配慮した省燃費・静御設計
株式会社 バンザイの製品
従来の品より3分の1の大きさで、CO2排出量も削減
エコ時代にマッチした環境対応型の洗浄機です
034.jpg


高圧力で、車検時のエンジン洗浄、車両下回り洗浄はお任せ下さい
また、雪道走行時の融雪剤の主成分塩化カルシュウム(塩分)は雪や氷を溶かす
メリットのある反面、鉄製品でできている自動車への付着は、錆による
腐蝕、劣化の原因となるので、春先にはぜひ、洗浄機による洗車をおすすめします。



posted by カズ at 21:19| Comment(0) | ◆ 自動車全般