2020年02月04日

帆山寺節分祭 炎のなかに春を呼ぶ

もう春です 
「鬼は外 bヘ内」
帆山寺へ節分にいってきました
1本200円の護摩木に願い事を書いて
1年の無事をお願いしてきました

帆山寺は千手観音を本尊とする、奈良時代にまでさかのぼる古刹で
聖武天皇が国家の一大事を 仏の力にすがり平安を得ようとして
越前国に建てた国分寺が帆山寺の前身では・・・
歴代の天皇の勅願寺として加持・祈禱がおこなわれ
病気平癒には土地の寄進や仏像が奉納されています

DSCF2089 (2).jpg

DSCF2092.jpg


時代が変わり、今やネット占いやおみくじなどが人気で
神社や寺離れする 若者が多いが、日本人の心は何処へ行くの・・・

春を呼ぶ 炎がお御堂の天井に届くほど大きい
いにしえの行事にふれることもいいのではと思えた。

posted by カズ at 00:34| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。