2015年01月13日

信念をもつて生きる技術者に感動

昨夜のNHK番組,プロフェッショナル 仕事の流儀
「自動車エンジン開発」35年にわたって、エンジン開発に
心血を注いできた、マツダ自動車技術者のものがたり
同じ自動車業界に生きる者として、興味深く、感動をもってみました

マツダは 大手メーカーのトヨタ、二ッサン、ホンダなどが開発を進めている、
ハイブリット車、電気自動車、水素使用車などの開発には
資本力、従業員数からして対抗できない、小さな自動車メーカーである

しかし、マツダは、4年前にはハイブリト車並の
リッタ―30キロの低燃費エンジンを実現させ、世界を驚かせた。

小さな自動車メーカーが、厳しい自動車業界で生き残れるのは「危機感」をもち
あえて「究極」と言われるエンジン開発を目指し継続していく姿勢が大切だという

現在マツダはさらに燃費効率30%アップを目標として
さらなる新世代エンジン開発に取り組んでいる。
この開発発表も、そう遠くない時期にあるのではないかと期待している

マツダは、今まで二流の車と言うイメージが強かった
この番組をみて、ひたむきに「既存のエンジン」を「究極のエンジン」へと
開発に取り組むエンジニアの姿を通し、先入観でしかみていなかった、
マツダ車をもっと見直さなければと思う。

このマツダの思いは、弊社にもいえる。ディラ―やチェ―ン店には
資本力や従業員数では劣る。
しかし小さいから、車両価格、車検 技術面 サービス面で劣ることはない
地域を大切に、大きな信頼関係でなりたっている、
地元の企業だからこそ、できることはたくさんある。
いかにお客さまに、満足できるサービスを提供できるか
「究極」を目指し続け、愛される工場として努力していきたい


posted by カズ at 23:28| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき

2015年01月05日

躍動 今年もよろしくお願いいたします

お健やかに新春を、お迎えのこととお慶び申し上げます
皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます

本年も社員一同、皆さまに愛され、ご満足いただける店作りを目指し、
努力してまいります。
よろしくお願い致します

今冬は、暖冬で雪は少ないという予報に反し、
大晦日から降りだした雪、雪、雪 いつ止むともわからない、
銀世界のなかで新年を迎えました。
013.jpg


015.jpg

   「工場前の県道 融雪装置で水が出ているが道幅は狭い」

予期せぬ天候で、雪かきにおわれ外出もままならない
人出を予測していた初詣、福袋商戦は大きな痛手を受けた
自然は思わぬところで、思わぬことが起きる

 昨年、庶民を代弁する言葉に出会った
 俳優 故高倉健のファンへのメッセージから
「皆、しんどいところで我慢してやっている。人は負けることがある。
それでも負けないぞとやっていれば、いい人に出会える
その出会いを信じて、頑張るしかないんじゃないでしょうか」
人の心を大切にした人であり、
切なさを抱えて生きる人の思いを、演じた人である
その言葉には胸を指す、重みがある

人との出会いは、その人の人生を、根底から大きく変えることがある
今年も、会社の一員として、精一杯、みんなの役にたてる様に、努力していきます
良き人との出会いを大切に、輝いて生きていきます











posted by カズ at 00:03| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき

2014年12月30日

今年一年ありがとうございました

日頃は、大浦自動車をご愛顧いただき誠にありがとうございます

今年も無事、仕事納めすることができました
誠にありがとうございます

ますます、激化する自動車業界でいかに生き残れるか
来る年も、会社一丸となり、
皆さま方に愛され、親しみやすい工場として、努力いたしますので
よろしくお願いいたします

尚、新年は1月5日から営業いたします

どうぞよい新年をお迎えください
posted by カズ at 01:15| Comment(0) | ◆ 自動車全般

2014年12月19日

久しぶりに青空が見えました

冬型がゆるみ、久しぶりにきれいな青空が広がっています
やはり、青空は気持ちいい最高です

でも、夕方の空模様は不気味でした
普段、工場の裏手から、西の方向にみえる553mの鬼ヶ嶽が
すっほりと黒い雲の帯に覆われ、その帯はどこまでも続づいています
021.jpg


033.jpg

気温の関係でしょうか、雲の層がはっきりとわかります

雲の流れ、南の方角
023.jpg


南東にそびえる日野山は、雲ひとつない青空で、きれいに見えています
022.jpg


今年の冬は暖冬で、雪の量は少ないと言われていた
しかし、雪は12月に入り、除雪車が出動する大雪となった
自然の予想はあてにならないが
1年間の天候を見ていると、動物の勘か、なんとなく雪の量を推測できる

今年も、広島をはじめとして、各地で集中豪雨に見舞われ、多くの被害が出た
雪も雨の降り方と同じことがいえる.
環境の変化は異常気象をもたらし、短時間に一晩に多量の積雪をもたらす
いつ、どこで、何が起こるか分からない時代になっている
北陸の冬はこれからが本番です


















posted by カズ at 23:12| Comment(0) | ◆事務方kazu のつぶやき

2014年12月11日

お疲れ様です、スノ―タイヤ交換でも雪はこれからです

今年の初雪は早く、忙しかったスノ―タイヤ入替がほぼ終わりました

毎年恒例のスノタイヤ売り出しで、当社お勧めの、品質に自信あり
この時期だからできる、格安値引きのブリジストンタイヤがダントツに売れました

冬場は雪が降らなくても、道路が凍結して滑りやすくなっています
早めの交換は必要です。
また、もし交通事故に遭った時も、スノ―タイヤを履いていないと、
過失が問われます、その点も注意して早めの交換をしてください


005.jpg

     「工場前から見た 村国山」
 
次の雪マークが今週末、14日にでています雪
この日は、衆議院議員選挙の投票日、雪の影響はどの党に有利に
はたらくのでしょうか、そんなことで左右されたくありませんネ
posted by カズ at 23:08| Comment(0) | ◆ 自動車全般

2014年11月14日

スノータイヤの準備はお早めに

スノータイヤ商戦真ただ中、いっきに寒さがやってきました
先日の売出しで予約を頂いた方、新車お買い上げで、予約をいただいている方の
タイヤの組付けが終わりまりした。


ご予約いただいた皆さまに、スノータイヤの準備ができた
お電話を入れておきました。
これでいつ雪が来ても安心です。ご来店お待ちしています。

タイヤの豆知識
  ※ タイヤの空気圧は車種、タイヤによって適正値があります
    高すぎても、低すぎてもタイヤに悪影響がありますので
    適正値を守ってください。
    車の適正空気圧は、車の運転席開口部などに、記載されていますので
    チエックしておいて下さい。






posted by カズ at 19:37| Comment(0) | ◆ 自動車全般

2014年11月13日

トヨタフィルダ― 車検内容

DBA-NZE141G  平成19年11月 走行45900km
基本点検料
ブレーキ分解

機器測定・調

エンジン・ルーム点検
ファンベルト交換
ロングライフクーラント補充  0.5L
ファンベルト
  
完成検査を終え検査終了です

点検内容
フアンベルトにひびが入っていたので交換。クウラントは0,5L追加
新車購入から3回目の車検で、日頃メンテナンスをきちんとしてあるので、
特に整備するところはありません。
室内の清掃、ボデ―の水洗いで一連の作業終了です

昼から軽自動車検査協会と福井運輸支局へ車検登録と、き損3台分の、前面ナンバー板再交付と
一時抹消してあった軽自動車を、代車使用目的で中古車新規登録。

昨夜の雪雷で一気に寒さが運ばれ、雨やみぞれで路面がぬれ滑りやすくなっています。
車の運転にはご注意ください。

車の豆知識
ナンバー板、破損の手続き
軽自動車の場合  再発行申込 様式5(申込者・使用者記入)印いらない
                  (代理人の場合 氏名、住所記入)
          車検証のコピー

       手続の流れ         
         ※初めに、マークシート、車検証の2枚を軽自動車検査協会の窓口へ提出
         ※検査協会受付で,承認印を押してもらう
         ※印を押した書類を、ナンバー板発行受付へ堤出
         ※ナンバー代を支払、ナンバー板引換券をもらう。引換受付けは、4日後〜
         ※ナンバー板引換
           引換券 キ損ナンバー板 ナンバー板返納票 受付窓口へ持参

登録車の場合   ※ 軽自動車と提出書類に違いはありません
           書類承認印は運輸支局受付窓口になります

           以後の手続きは、軽自動車と同じですが
           ナンバー板引換時に、手数料納付書(無料)添付が必要です     
        
     注意、ナンバー板後面の再交付は、再封印が必要になり、封印受領書をつけること 
        認証工場、個人の場合は、車両持込となります       

        
posted by カズ at 21:40| Comment(0) | ◆ 自動車全般